なんと総勢600両 台湾鉄路“初モノ”だらけの特急電車 「EMU3000型」の詳細に迫る

キーワード :
,
台湾鉄路管理局の新型車両のひとつが、日立製作所が製造した特急電車「EMU3000型」だ。果たしてどんな車両なのか。

台鉄の新たな顔「EMU3000型」

台湾鉄路の新しい顔であるEMU3000型・新自強号。屏東駅。製造は日立製作所だ(画像:若杉優貴)
台湾鉄路の新しい顔であるEMU3000型・新自強号。屏東駅。製造は日立製作所だ(画像:若杉優貴)

 2023年、台湾で鉄道旅行を楽しんだ際に「新しい電車がかなり増えている」と驚いた人もいるだろう。そうした台鉄(台湾鉄路管理局)の新型車両のひとつが、日立製作所が製造した特急電車「EMU3000型」だ。

 2021年末のデビュー以降、「新自強号」(「自強号」は台鉄での特急)として、主に台湾東部の東部幹線・南廻線での運用を中心としていた。

 2023年4月末からは台湾高速鉄路(台湾新幹線)と並行する西部幹線での活躍も増え、乗車機会も大幅に増した。今後は2024年まで増備が進められる計画で、

「総勢50編成・600両」

という車両数は台鉄史上で最大となる。

 この「台鉄の新たな顔」というべきEMU3000型には、ほかにもさまざまな

「台鉄初モノ」
「自強号初モノ」

が盛り込まれている。実際に乗車して、その特徴を探ってみた。

全てのコメントを見る