電動キックボードは本当に普及するか? 世間に巻き起こる「大反発」のワケとは

キーワード :
, , , ,
最も身近な小型電動モビリティといえば、電動アシスト自転車だろう。しかし、電動アシスト自転車が「原付」だった時代があることをご存じだろうか。現在は「自転車」扱いとなった電動アシスト自転車の過去に学び、今後の小型電動モビリティを想像する。

新たなモビリティの定着のために

 同時に、一部マナーの悪いユーザーが新しい乗り物の印象を悪化させることは十分に起こりうる。便利に利用されるべきモビリティだからこそ、ルールとマナーの順守が必須であることはあらためて強調しておきたい。

 かつて電動アシスト自転車が人口に膾炙(かいしゃ)していったように、新たな小型電動モビリティも世間に定着していくのか。すでに電動キックボードで350kmを走破した筆者も、その行方を引き続き見守っていきたい。

全てのコメントを見る