公道OK! 座って乗れる「電動キックボード」全国ドンキで発売、気になるお値段は4万円台

キーワード :
, , ,
腰かけて乗れ、公道も走行できる電動キックボードが登場した。都心部などでのちょっとした移動に向く。

折りたたみ可、重さ約15.5kg

折りたたんだ状態の電動キックボード(画像:FUGU INNOVATIONS JAPAN)。
折りたたんだ状態の電動キックボード(画像:FUGU INNOVATIONS JAPAN)。

 短距離の移動に向く新たなマイクロモビリティの一つとして、電動キックボードが注目を集めている。2021年12月には公道走行にも対応したチェア付きタイプが登場。都心部などを中心に通勤時の選択肢に加わりそうだ。

 FUGU INNOVATIONS JAPANが発売した製品は、約15.5kg、タイヤ8.5インチ、最高時速約19km。本体サイズ1100×550×1450mmで、折りたたんでコンパクトにすることもできる。充電時間は約3時間で最長走行距離は約20km。対応身長は約155~200cmとしている。

 ヘッドライト、バックミラー、番号灯、警音器など、公道走行に必要なアイテムを標準装備。ナンバー登録や自賠責保険への加入を行えば、公道走行が可能という。別途、ヘルメットを装着する必要がある。

 立ち乗り型の従来タイプと異なり、軽く腰掛けられるチェアを搭載。クッション性が高く振動を和らげてくれるため長距離走行でも疲れにくいという。前輪後輪ともに物理ブレーキを備えて安全を確保している。

 同社によると、想定売価は4万6800円(税別)。