「京急蒲タコハイ駅」看板撤去騒動、悪いのはどう見ても「京急」「サントリー」側だ! その理由を冷静に分析する

キーワード :
,
京急蒲田駅の駅看板や装飾がネット上で炎上している「こだわり酒場のタコスハイ」コラボ。その深層を探る。

駅名広告の是非、ネット炎上

京急蒲田駅(画像:写真AC)
京急蒲田駅(画像:写真AC)

 京急電鉄とサントリーがコラボレーションした「京急蒲タコハイ駅」をめぐり、公共空間である駅の広告のあり方が改めて問われている。

 京急蒲田駅の駅名看板や装飾を「こだわり酒場のタコハイ」とコラボレーションさせた同企画に対し、アルコール依存症予防のNPO法人「ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)」と主婦連合会が

「公共性を無視している」

と抗議。京急側は一部看板の撤去など規模を縮小する事態となった。

 もともとは、飲み屋街として有名な蒲田を盛り上げようと企画されたイベントで、蒲田名物の餃子やタコハイを楽しめる酒場をホームや構内にオープンしていた。看板は撤去されたが、酒場は営業を続ける予定だ。インターネット上では

・酒場は節度を楽しむ人のためのものであり、それは立派な公共性だ
・気に入らないものに何でもかんでも抗議するのはハラスメントの一種だ
・イベントがなくなることをよしとする風潮は日本の衰退を予感させる

などといったような、NPOの主張に疑問を呈する声が多く上げられ、大炎上した。しかし筆者(業平橋渉、フリーライター)は問いたい。私企業の運営する鉄道とはいえ、公共空間である駅の、それも駅名をアルコールの販促に用いることをは、どう判断するべきなのかと。

 国土交通省の資料『駅まちデザインにおいて意識すべきこと』では、駅まち空間について次のように述べている。

・駅まち空間は、目的の異なる不特定多数の人が集まり、移動や滞在を行う空間である
・多様な人々のニーズを満たすため、駅まち空間全体を移動しやすく、活用しやすい環境にすることが求められる
・公共性の高い駅まち空間においては、宣伝広告について慎重な対応が必要とされている

つまり、国交省は駅空間を公共性の高い場所と位置づけ、広告などについては

「慎重であるべき」

との立場を取っているのだ。

全てのコメントを見る