中国の「EV支配」はまだまだ遠い 現地メーカーでエンジン開発に携わった識者が語る、中国の「2つの弱点」

キーワード :
, ,
中国EV大手BYDは7月21日、日本の乗用車市場への参入を発表した。今後、中国が世界のEV市場を主導する日は来るのだろうか。

BYDが乗用EVで日本進出

BYDのEV(画像:Merkmal編集部)
BYDのEV(画像:Merkmal編集部)

 中国電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)は7月21日、日本の乗用車市場への参入を発表した。2023年の後半から、3車種のバッテリー電気自動車(BEV)の販売を開始する。日本の型式認定取得は中国車初となる。

 トップの王伝福・董事長は

「BYDは既に、電動バス、エネルギー貯蔵システム、電動フォークリフト等で日本市場に参入し、ブランドを構築してきた。この経験と日本の消費者の期待に応えて、BEVを日本市場で販売する」

と語り、日本での販売に向けて入念な準備をしてきたことを示した。

 一般に他国市場への導入に際しては、特に、法規、使用環境、インフラ、消費者の嗜好、などを入念に調査し、変更点とそのための費用をメリットと比較して、導入可否を判断する。