新横浜線開業も さっそく懸念される日吉・綱島の「武蔵小杉化」、人口急増でまた“改札行列”にならないか

キーワード :
, , ,
相模鉄道と東急電鉄が直通する「新横浜線」が3月18日、開業した。そんな同線だが、成否を握るのは新線を契機とした「再開発ラッシュ」である。

成否を握る「再開発ラッシュ」

新横浜線(画像:昼間たかし)
新横浜線(画像:昼間たかし)

 相模鉄道と東急電鉄が直通する「新横浜線」が3月18日、開業した。同線は神奈川県央部から東京都心への利便性を高めるとともに、東海道新幹線へのアクセスも大幅に向上させる。そんな新横浜線だが、その成否を握るのは新線を契機とした「再開発ラッシュ」である。

 言わずもがな、この誕生には期待できる。なぜなら同線は神奈川県央部から東京都心部、埼玉県までの広域なネットワークとなっているからだ。18日からの海老名駅発の時刻表を見ると、従来の横浜行き(相鉄線)、新宿行き(JR線経由)に加え、

・渋谷行き
・浦和美園行き(埼玉県さいたま市)
・森林公園行き(同埼滑川町)

という表示がある。これまで隔絶されていた相鉄本線沿線と東京都心、埼玉県の主要部までスムーズに移動できるようになった。

 開通後、筆者(昼間たかし、ルポライター)は麻布十番駅から南北線で新横浜方面へ向かったが、同駅で「新横浜」という行き先表示を見ただけで「近くなった」と感じた。

注目される日吉・綱島エリア

新綱島駅の位置(画像:昼間たかし)
新綱島駅の位置(画像:昼間たかし)

 この利便性の高さを背景に、沿線で加速しているのが再開発だ。

 そのなかでも劇的に変化しつつあるのが、横浜市の日吉・綱島エリアである。このエリアは従来の東急東横線駅に加えて、新綱島駅が誕生したこともあり、再開発エリアの本命として期待されている。

 これまで、東急東横線の綱島駅前は狭小な道路にバスやタクシー、歩行者が混在し、慢性的な渋滞のみならず、安全面でも問題が指摘されていた。そのため再開発は1980年代から計画されていたものの合意形成には至っていなかった。

 しかし、2012(平成24)年に新横浜線の新駅が正式決定したことで再開発が本格化したのである。

全てのコメントを見る