業界初 デプスカメラ+AIで列車混雑を計測 随時&号車ごとで提供可能に 東京メトロ

キーワード :
, , , ,
東京メトロが上野グリーンソリューションズと連携し、鉄道業界で初めてデプスカメラと人工知能(AI)を用いた列車混雑計測システムを開発。全線の混雑状況をリアルタイムで利用者に提供することを目指す。

東京メトロならではのハードルをデプスカメラで克服

デプスカメラの撮影画像のイメージ(画像:東京メトロ)。
デプスカメラの撮影画像のイメージ(画像:東京メトロ)。

 東京メトロは2021年3月1日(月)、上野グリーンソリューションズと連携し、鉄道業界で初めてデプスカメラと人工知能(AI)を用いた列車混雑計測システムを開発したと発表した。

 これまで、車重や改札利用者数から時間帯ごとの混雑状況を推計し利用者に提供してきたが、複数の路線で直通運転している東京メトロでは、他社車両の車重の取得や号車ごとにリアルタイムで混雑状況を提供することは難しい状況だった。

 そこで、2019年9月から東西線の東陽町駅に、2020年11月から丸ノ内線の新宿駅に、デプスカメラ(奥行の情報を取得できる深度センサーを内蔵したカメラ)をそれぞれ設置。駅を出発する列車の車両側面をカメラで撮影し、混雑状況を人工知能(AI)に機械学習させることで、号車ごとの列車混雑状況をリアルタイムに計測する実証実験を進めてきた。

 今回、その技術検証が完了したことから、列車混雑計測システムを東京メトロ全線の複数駅(各路線各方面ごとに数か所)に展開。2021年度を目途に全線の列車混雑状況をリアルタイムで利用者に提供することを目指すとしている。