バスの混雑度スマホ一つで可視化 Bluetooth活用 マーケティング活用も視野 国内初

キーワード :
, ,
ナビタイムジャパンとみちのりホールディングスが、関東自動車の路線バスで「Bluetooth Low Energy スキャン」を利用したリアルタイム混雑情報表示の実証実験を始めた。

専用機器など不要

関東自動車の新塗装路線バス(画像:関東自動車)。
関東自動車の新塗装路線バス(画像:関東自動車)。

 栃木県の宇都宮市内を走る関東自動車の路線バスで、2021年1月13日(水)から、「Bluetooth Low Energy(BLE)スキャン」を利用したリアルタイム混雑情報表示の実証実験が始まった。

 取り組んでいるのはナビタイムジャパンとみちのりホールディングスだ。混雑度は、BLEスキャンを搭載した計測用のスマートフォンをバスの車内に設置し、乗客のスマートフォンなどから発信されるBluetooth信号を検知して算出する。サービスの提供は、専用機器の開発やバス車載器の設置などは不要で、スマホ一つで済む。BLEスキャンを活用した路線バスのリアルタイム混雑度の可視化は、国内初という。

 特設の運行情報サイトでは、運行中のバスの現在位置が地図にリアルタイムで表示されるとともに、バスのアイコン色が混雑度にあわせて変わる。青は空席あり、黄は立ち客あり、赤は立ち客多いの3段階だ。混雑度を算出して可視化することで、例えば利用者はベビーカーや車椅子で移動する際に青アイコンのバスを利用する、といった混雑回避が可能になる。

 対象路線は、関東自動車が運行する路線バスの宇都宮駅西口~西川田東(江曽島)間で、実証実験は3台で2月11日(木)まで行う。うち1台のバス車内にはカメラを設置し、実際の混雑度とBLEスキャンによる混雑度を比較し、精度の検証も実施する。

 今後、蓄積した混雑情報を分析し、平日・休日の傾向の違いなど混雑情報の精度向上や、ナビタイムジャパンの持つ突発的なイベント時のルート検索データなどのビッグデータと掛け合わせることで、未来の混雑予測情報の提供などを検討していくとのこと。ナビタイムジャパンは将来的に、走行データから区間ごとにバスの乗降客数を分析し、ダイヤ改正や路線改定に活用するといったマーケティングデータとして、バス事業者向けの法人利用にも役立てられるよう、開発を進めていくそうだ。