ホンダの都心「自動運転サービス」は成功するか? 帝都・国際と提携、レベル3~4の間にある壁越えろ

キーワード :
, , , , , ,
ホンダは4月21日、タクシー大手と提携し、2020年代半ばから自動運転のサービスを始めると発表した。自動運転車両のライドシェア(相乗り)で、バスとタクシーの間の乗り物を想定している。

ホンダがタクシー大手と提携

自動運転のイメージ(画像:写真AC)
自動運転のイメージ(画像:写真AC)

 いよいよ自動運転の本格的な導入が始まる――。

 ホンダは4月21日、東京都心でタクシー大手の帝都自動車交通・国際自動車と提携し、2020年代半ばから自動運転のサービスを始めると発表した。

 同社はサービス開始に向けて、その役割や責任分担の検討を始めている。

 肝心の車両は、同社が米ゼネラル・モーターズなどと共同開発している自動運転サービスに特化した「クルーズ・オリジン」が使われる予定だ。

 ホンダは2021年3月、自動運転可能な技術を搭載した高級セダン「レジェンド」を発売している。この車両は自動運転「レベル3」の技術を搭載したものだ。

五つに分かれた自動運転レベル

自動運転のレベル分け(画像:国土交通省)
自動運転のレベル分け(画像:国土交通省)

 現在、自動運転のレベルは次のように分類されている。

・レベル1:運転支援。自動ブレーキ、前の車について走る。車線からはみ出さない技術。
・レベル2:特定条件下での自動運転機能。遅い車がいれば自動的に追い越す。高速道路の分合流を自動で行うなど。
・レベル3:条件付自動運転。システムがすべての運転多数を実施するがシステムの要求に対してドライバーが適切に対応することが必要。
・レベル4:特定条件下における完全自動運転。限定地域での無人自動運転移動サービス。高速道路での完全自動運転の実現。
・レベル5:完全自動運転

 現在、道路交通法で認められているのはレベル3までの技術だが、2021年12月に警察庁は都道府県公安委員会の許可制で、レベル4の輸送サービスを認める方針を示している。

 許可にあたっては、事業者に運行計画を提出させ、計画と異なる運行を行ったり、道交法を違反したりした場合には処分を行うとしている(『読売新聞』2021年12月23日付東京夕刊)。