新型プリウスはなぜ大ヒットしたのか? 衝撃的「デザイン変化」だけじゃない、3つの深意とは

キーワード :
, ,
新型プリウスは2023年1月の発売開始以来、好調なセールスを重ねている。価格帯は従来の200万円台前半からアップし、新型では200万円台後半からのスタートである。

「車とデート」 デートカーに非ず

新型「プリウス」(画像:トヨタ自動車)
新型「プリウス」(画像:トヨタ自動車)

 多くの人がハッとするデザインと運転感覚。環境にも優しく経済的で、シンプルなライフスタイルにも良いモノと過ごす実感をもたらす、新型プリウス。

 価格さえ納得できれば、性や年齢、家族構成を問わず、数年間の生活をともにするスペシャリティカーとしては非常に良い選択肢なのではないだろうか。

 かつてのデートカーではなく、車好きが忘れかけていた

「車とデートする」

ような日常。それを想起させる新型プリウスの出来栄えは、とても印象的だ。

 同じ思いに至ったのか、そのカタログは「愛しさが、連続する」というコピーで始まる。つまり、環境性能も含めた高いパフォーマンスと美しいデザインは、ドライバーのライフスタイルのためといった新しいスペシャリティカー像が、さりげなく主張されているように思われるのだ。

 トヨタ内だけでもさまざまなハイブリッド車がラインアップされ、近年は陰りが見えてきたかのようだったプリウスブランド。その人気復活、大ヒットの予感を、新型プリウスの好調な売れ行きと、実際に試乗した際の出来栄えの良さに強く感じた次第である。

全てのコメントを見る