新型プリウスの衝撃と懸念 「ハイスペック&スポーティー」はかえってユーザーの誤解を生まないか

キーワード :
, ,
11月16日、世界初公開されたトヨタ自動車の新型プリウス。流線型のデザインは、まさにスポーツカーのそれだ。課題点はあるのか。

新型プリウスの衝撃

新型プリウス(画像:トヨタ自動車)
新型プリウス(画像:トヨタ自動車)

 トヨタ自動車の新型プリウスが2022年11月16日、世界初公開された。

 欧州車のクーペのような外観は、今までのプリウスとは明らかに一線を画している。19インチ大口径タイヤ、全高が低くフロントからリアまで空気の流れがイメージできるような流線型のデザインは、まさにスポーツカーのそれといえるだろう。

 当初の

「プリウスはタクシー専用車でいいのではないか」

という豊田社長の言葉に、新型プリウス開発陣は衝撃を受けたという。プリウスとは「先駆け」という意味だが、25年間電動車の先駆けとして君臨してきたプリウスを「次の25年間どのような車として残していくのか」という問いかけから開発はスタートした。「Hybrid Reborn」をコンセプトに掲げ、今回の新型プリウスを生み出した。

 かつて、タレントのマツコ・デラックスに「テールランプが横から見た火星人みたい」と酷評された面影はない。