賃貸型冷凍冷蔵倉庫「LOGI FLAG COLD 船橋I」竣工 霞ケ関キャピタル

キーワード :
,
霞ケ関キャピタルは、同社が企画立案などを行った賃貸型冷凍冷蔵倉庫「LOGI FLAG COLD 船橋I」が竣工したと発表した。

環境に配慮した施設

「LOGI FLAG COLD 船橋I」(画像:霞ケ関キャピタル)
「LOGI FLAG COLD 船橋I」(画像:霞ケ関キャピタル)

 不動産コンサルティング事業を手掛ける霞ケ関キャピタル(東京都千代田区)は2月28日、同社が開発用地のソーシングと企画立案を行い、アセットマネジメント業務およびプロジェクトマネジメント業務を受託している賃貸型冷凍冷蔵倉庫「LOGI FLAG COLD 船橋I」(千葉県船橋市)が同日竣工(しゅんこう)したと発表した。

 施設は、冷凍冷蔵倉庫が集積する千葉湾岸エリアの中心に位置し、東関東道「湾岸市川IC」から約2km、都心部から20km以内の立地。延べ床面積約2105坪(約7000平方メートル)のBOX型倉庫4層で、2030年のフロン規制を見据え、CO2を使った自然冷媒の冷凍機を使用しており、環境に配慮した冷凍冷蔵倉庫になっているという。

 庫内には垂直搬送機2基、貨物用エレベーター1基を設置。垂直搬送機はかご車、パレット併用可能なタイプを採用しており、貨物用エレベーターは一度に6パレットを搬送することができる。

 環境配慮の一環として、全館でLED照明を採用、屋上に太陽光パネルを設置。電気代の節約や省エネルギーも見込めるという。

全てのコメントを見る