JAL・ANAの「上級会員」目指す人が急増中 なかには「東京~沖縄」数往復する人も いったいなぜなのか?

キーワード :
, ,
JALが先日、2024年1月より、新しい上級会員制度を始めることを発表した。上級会員としての特典が受けられる達成条件などの詳細は、まだ判明していない。

対象は年間搭乗回数の多い人

JAL(手前)とANAの日本国内線(画像:シカマアキ)
JAL(手前)とANAの日本国内線(画像:シカマアキ)

 大手航空会社には、日ごろから搭乗回数が多いマイレージサービスの利用客向けサービスが存在する。一般的に「ステータス会員」「上級会員」などと呼ばれる、いわばお得意さま向けの制度だ。

・優先搭乗
・空港ラウンジ利用

など、あらゆるシーンで優遇サービスが受けられる。

 この制度は、基本的に1年ごとの搭乗回数に基づき、翌年度の搭乗時に適用される。達成条件やサービス内容などは、航空会社ごとに異なる。

 日系大手の日本航空(JAL)が先日、2024年1月より、新しいステータスプログラムを始めることを発表した。上級会員としての特典が受けられる達成条件などの詳細は、まだ判明していない。だが、これまでの達成方法、会員資格の維持などが大きく変わるとの記載もある。そのため、上級会員の資格を現在持つ人らを中心にちょっとした話題となっている。

日系2社の上級会員ランクと主な達成条件は?

ANAの優先カウンター入り口。奥はJAL(画像:シカマアキ)
ANAの優先カウンター入り口。奥はJAL(画像:シカマアキ)

 日系2社の主な上級会員ランクは現在、次の通りだ。

●JAL(サービスステータス)
・ダイヤモンド
・プレミア
・サファイア
・クリスタル

●ANA(プレミアムメンバー)
・ダイヤモンド
・プラチナ
・ブロンズ

 それぞれの達成条件は、例えばJALの場合、1月~12月までの1年間で

・ダイヤモンド:10万FLY ON ポイント(または搭乗120回)
・プレミア:8万FLY ON ポイント(80回)
・サファイア:5万FLY ON ポイント(50回)
・クリスタル:3万FLY ON ポイント(30回)

となっている。「FLY ON ポイント」は有償搭乗においてたまるポイントで、マイルと違い、買い物などではたまらない。

 全日本空輸(ANA)もほぼ同様。だが、搭乗回数でのステータス獲得は現在できない。