15日発表の東武新型特急スペーシアX 特別料金「ゆとり車両」にあった問題点とは

キーワード :
, ,
東武鉄道は7月15日、都内で令和のフラッグシップ「N100系」の記者発表会を行った。ゆとり車両ゆえの課題・注目点は何か。

未落成でデビュー日を発表する異例さ

N100系SPACIA Xの模型(画像:岸田法眼)
N100系SPACIA Xの模型(画像:岸田法眼)

 東武鉄道は7月15日、都内で令和のフラッグシップ「N100系」の記者発表会を行った。車両愛称は「SPACIA X」で、デビューは2023年7月15日。そして、旅行商品の発売開始も併せて発表した。実車がまだ落成していない段階で、デビュー日を明かす、旅行商品を発売開始するのは大変珍しいケースだ。それだけ落成時の出来栄えに自信があるという表れだろう。

 平成のフラッグシップ、100系スペーシアの後釜となるN100系SPACIA XのNは100系スペーシアの「ニューバージョン」を表す。開発の段階でN100系という名称で開発を進めた。

 SPACIA XのXは旅体験を意味する「Experience」、乗客に提供するさまざまな価値の「Excellent」「Extra」「Exciting」などを表す。

 座席の2号車は新幹線のグランクラス、近畿日本鉄道80000系「ひのとり」のプレミアム車両に相当するプレミアムシート。中間車に連結(上記は先頭車)、座席と座席の間隔を表すシートピッチは1200mm(同1300mm)、座席はモケット張り(同革張り)、ひざ下を支えるレッグレストを省略したのが特徴だ。

 3~5号車はスタンダードシート。100系スペーシアの座席車(1~5号車。6号車は個室)と同じシートピッチ1100mmながら、足を乗せるフットレストを省略する代わりに、座席下の暖房をつり下げ式に変えることで、足が思いきり伸ばせるようにした。長身の人には朗報であろう。居住性という点で、どちらがよいのかが注目される。

 このほか、スタンダードシートの特急料金に特別座席料金をプラスした1号車のコックピットラウンジ(1・2・4人用)、5号車のふたり用ボックスシート、6号車の4人用コンパートメントおよび、7人用のコックピットスイートが用意され、バリエーションも豊富だ。

 N100系SPACIA Xは4編成導入され、運転本数は毎日2~4往復程度を予定。4往復は週末を中心に設定する予定だという。いずれも観光に便利な時間帯での運行を検討している。