LINEがMaaS普及拡大に向け共同プロジェクト開始 Azureのパートナー4社参画

キーワード :
, , , , ,
LINEが「Microsoft Azure」のパートナー4社と共同で、MaaSの普及拡大を支援するプロジェクトを開始した。Colorkrew、パーソルプロセス&テクノロジー、FIXER、MaaS Tech Japanの4社が参画する。

LINE API×AzureでMaaS開発

LINEと「Microsoft Azure」パートナーがMaaS普及拡大の支援プロジェクトを開始(画像:LINE)。
LINEと「Microsoft Azure」パートナーがMaaS普及拡大の支援プロジェクトを開始(画像:LINE)。

 LINE社は2021年5月18日(火)、マイクロソフトの提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のパートナー4社と共同で、MaaS(Mobility as a Service)の普及拡大を支援するプロジェクトを開始した。

 参画する企業は、Colorkrew、パーソルプロセス&テクノロジー、FIXER、MaaS Tech Japanの4社で、いずれもクラウドインフラサービス市場における高い技術力と、MaaS領域において多数の導入実績がある。

 今回のプロジェクトの目的は、LINEのUXと、Azureの信頼性・柔軟性を兼ね備えたシステム構築力を活かし、身近で簡単に導入できるMaaSの実現を目指し、LINEのAPIとAzureを掛け合わせたMaaSの開発をワンストップで推進するとともに、MaaSと他業界を掛け合わせた新たな取り組み事例を創出することという。具体的に以下4つを挙げている。

・クライアント企業への共同提案・企画支援
・マーケティング支援
・MaaSサービサー向けソリューションの共同開発検討
・サービス開発における技術支援

 LINEは、新たなアプリを入れることなく、LINEアプリ上で行き先の検索、予約、決済まで完結するといった形で、APIを活用したMaaS領域のビジネスを検討している。