ウィラーとベトナムVTIがMaaSシステム開発の新会社設立 日本・アジアで事業推進を加速

キーワード :
, ,
ウィラーとベトナムのVTI Joint Stock Companが、MaaSのアプリやサービスのシステム開発を行うジョイントベンチャーを設立。ウィラーが展開する事業「mobi」「trip」を加速させる。

ベトナム発でMaaSのシステム開発を推進

ウィラーとベトナムのVTIがジョイントベンチャーを設立(画像:ウィラー)。
ウィラーとベトナムのVTIがジョイントベンチャーを設立(画像:ウィラー)。

 2021年4月1日(木)、ウィラーと、エンジニアリングサービスやソフトウエア製品などを手掛けるベトナムのVTI Joint Stock Company(VTI)が、ウィラーのMaaSサービス「mobi」「Trip」のアプリやウェブサービスを開発するジョイントベンチャーを設立した。

 社名は「WILLER VTI Company Limited」でベトナムのハノイに本社を置く。CEO(最高経営責任者)はTran Xuan Khoi(以下、コイ)氏が就任した。

 ウィラーとVTIは、ベトナムでタクシー配車アプリや都市間バス販売管理システムを開発してきた。ウィラーは、2021年から日本、ベトナム、シンガポールで、生活移動サービス「mobi」と都市間移動サービス「trip」を始めている。新会社を設立し、VTIの技術力や知見を加えて事業推進を加速させる方針だ。