大阪モノレール「延伸」は無駄事業? 費用1400億円&工期延長で、市民から「ずさんやね」の呆れ声 問われる“門真市ニーズ”の実態とは

キーワード :
, , , ,
大阪モノレールの延伸事業費は約2倍、工期は約4年延長。大阪市民からは「計画がずさんだったのではないか」と疑問の声が上がっている。

物価高騰が建設費押し上げ

門真市駅で出発を待つ大阪モノレールの列車(画像:高田泰)
門真市駅で出発を待つ大阪モノレールの列車(画像:高田泰)

 大阪モノレール延伸事業の費用がほぼ倍増し、工期も4年程度延びることがわかった。大阪府民の一部から「計画がずさんだったのではないか」と疑問の声が上がっている。

 工事用足場に囲まれたT字型のコンクリートの塊が列を組んで並ぶ。遠くから眺めると、巨大な恐竜の背骨のよう。大阪市鶴見区茨田(まった)大宮の大阪モノレール本線延伸工事現場では、モノレールの高架を乗せる支柱が建設されている。事業を進める府鉄道推進課は

「基礎工事の場所も含めれば、ほぼ全線で工事に入っている」

という。

 鶴見区の現場から南へ約5km、東大阪市瓜生堂(うりゅうどう)では支柱や車両基地の基礎工事が始まっている。延伸区間の終点となる瓜生堂駅(仮称)の建設場所でもあるが、ここで思わぬ問題が待ち受けていた。地盤が予想以上に軟弱で、駅舎の工法変更を余儀なくされたことだ。2029年の完成予定が4年程度遅れる見通しとなった。

しかも、昨今の物価高騰などで786億円の工費に

「約650億円」

を追加せざるを得ない状態。吉村洋文府知事は記者会見で「他の公共工事や民間工事も物価高騰の影響を受けている」とやむを得ない事情であることを強調したが、府民には唐突な工費の

「ほぼ倍増」

に見える。事業継続の妥当性は5月14日の府建設事業評価審議会で審議される予定だ。

全てのコメントを見る