本来は別物! 日本で「モーテル」と「ラブホテル」が混同される、実に味わい深い理由

キーワード :
,
日本では1957年頃に登場したといわれているモーテル。しかし、日本ではモーテルは「ラブホテル目的」で開発されてきた。本場では別物にもかかわらず、なぜなのか。

モーテルの消滅

海外のモーテル(画像:写真AC)
海外のモーテル(画像:写真AC)

 近年、国内では空前のホテル開発ラッシュを迎えている。新型コロナウイルスの感染拡大下では大きな打撃を被ったが、ホテル開発計画は全国で進展している。新しいホテルカテゴリーが導入され、以前からの宿泊業態も新しい感覚の施設が開発されている。

 そのようななか、同じホテル業態でありながら、国内で消滅しつつあるのが

「モーテル」

である。若い世代ではモーテルを見たことがない、名前も知らない人もいるかもしれない。

 モーテルとは車で利用するホテルのことで、

・モーターホテル
・モータリストホテル

の略である。モータリゼーションが発達している米国発祥の宿泊業態だ。ロードサイドに位置し、2階建ての場合もあるが主に平屋の客室が横に連なっており、個々の客室の目の前に駐車場が設置されている。

 フロントは敷地内に存在するが、ホテルのようなサービスはなく、施設の造りも簡素で、その分リーズナブルに利用できる。米国の映画やドラマによく登場しており、それで知っている人もいるだろう。

 日本では1957(昭和32)年頃から導入されたと言われ、1960年代に数を増やしていった。高度経済成長にともない労働者の所得が増え、車を持つ人が増えていった時代である。ドライブがレジャーの主流となっていった。しかし、なぜか国内においてモーテルは

「ラブホテルの用途」

で開発されている。もちろん、米国のモーテルでもそのような利用のされ方がない訳ではない。しかし、現在のシニア層を中心としてモーテルとラブホテルは“同義”と認識している人が多い。駐車場のあるラブホテルをモーテルと呼んでいる場合もあった。

全てのコメントを見る