自動車メーカーの“尻拭い”をさせられる末端ディーラーの悲哀! 不祥事対応で罵倒される彼らへの同情コメントはないのか

キーワード :
,
自動車メーカーの商品に何らかの不具合が生じれば、ディーラーが対応しなければならない。世間に対して謝罪するのも結構だが、ディーラーに対する労いがないのではないか。

販売最前線の葛藤

自動車ディーラー(画像:写真AC)
自動車ディーラー(画像:写真AC)

 自動車メーカーの不祥事が頻発しており、ユーザーは困惑している。彼らにとって、クルマとの窓口はディーラーで、最近では強い意見をディーラーにぶつける人たちも一定数いる。最前線で彼らと向き合うディーラーは、不祥事が起きるたびに疲弊していく。

 クルマに限らず、メーカーが販売する商品に何らかの不具合が生じたり、不祥事が発生したりすると、最前線で顧客と接する販売店が対応しなければならない。クルマの場合、メーカーの看板を背負った正規ディーラーの

・営業マン
・サービススタッフ

がその役割を担う。

 もちろん、自分のクルマに不具合があれば、ディーラーに強い意見をぶつけたくなるのはひとりのユーザーとして当然のだろう。筆者(宇野源一、元自動車ディーラー)が同じ立場だったら、不安になるし、どうすれば改善されるのか尋ねたくなる。

 筆者がディーラーに勤務していた頃、顧客の車にリコールが発生した際には、誠意をもって対応し、改善方法を案内した。リコールや不祥事が発生すると、会社から

「該当するお客さまに最優先で連絡するように」

と指示され、対応に追われる日々が続いた。

全てのコメントを見る