航空業界の脱炭素化進まず! 切り札の「バイオジェット燃料」、民間企業にはコスト高すぎな現実

キーワード :
, ,
世界の運輸システム全般を見ると、航空分野は脱炭素化の分野で最も遅れている。特に大型機による輸送は、脱炭素化の見通しがほとんど立っていない。

航空燃料の変革

次世代バイオ燃料の定義(画像:NEDO技術戦略研究センター)
次世代バイオ燃料の定義(画像:NEDO技術戦略研究センター)

 SAFの原料はいくつかある。現時点で最も一般的なのは廃食用油である。つまり、レストランや食品製造現場、家庭などで使用され、廃棄・回収された食用油である。航空燃料を作るには、この油を化学的に分解し、水素と反応させて灯油に似た炭化水素に変換する。使用済み食用油や植物油などを水素化処理するSAF製造方法(HEFA)として知られている。

 もうひとつの例は、トウモロコシやサトウキビから発酵・精製される第1世代バイオエタノールである。これは「ATJ(Alcohol to Jet)」と呼ばれている。ATJも古紙や藻類などの非食用原料から作られ、第2世代バイオエタノールと呼ばれる。

 植物由来のSAFとしては、ほかに水添脱酸素合成芳香族ケロシン(SAK)呼ばれるアルコールとは異なる合成灯油がある。

 また、廃プラスチックのような不燃性の廃棄物もSAFの原料として利用できる。これはガス化FT合成と呼ばれるプロセスに基づいており、プラスチックを分子レベルにまで加熱ガス化分解した後に炭化水素に合成するものである。

 もうひとつの有望な炭化水素は、二酸化炭素と水素を原料とする化学合成によって製造される炭化水素である。これはいわゆる「eフューエル」と呼ばれるもので、合成方法によってはガスタービンだけでなく、自動車のレシプロ内燃機関にも使用できる。

 これらのSAF燃料のうち、現在商業的な生産と流通が可能なのは、最初のHEFAだけである。SAKもまた、商業化に向けて急ピッチで進んでいる有望な候補である。

全てのコメントを見る