4時間走って30分休憩 長距離ドライバーの「430規制」は緩和すべきか? ネットでは「860がいい」の声も 物流危機で考える

キーワード :
, ,
トラックドライバーの長時間拘束や休日の少なさなどは広く知られるようになった。一方で、多くのドライバーが不満を抱える、世間的にあまり知られていないのが「430」の問題だ。

性善説の規制では機能しない

トラックの列(画像:写真AC)
トラックの列(画像:写真AC)

 筆者としても、「自由に休みを取らせたほうがよくなる」といった性善説に立ちたいのは山々である。また、多くの運送会社はドライバーの労働環境改善を真剣に考えていることも確かだが、ただし、法令のスキマを縫って

「抜け駆け」

が生じがちなのも事実である。

 冒頭では説明しなかったが、30分の休みというのは正確には「運転の中断」を意味している。現行法制度では運転の中断は休憩とは異なる位置づけであり、その間に運転以外の労働に従事させることもできる。

 食品系ルート配送のような業種では、30分の中断時間を、庫内でのピッキング作業に充てているようなケースもある。現行法ではこの場合も違法ではないが、これはある意味で法の抜け穴であり、430の前提となる規制の精神には一致しない。

 これは一例だが、零細企業が多数を占める運送会社であるから、法律のラインぎりぎりを攻めるような企業は後を絶たない。企業の裁量に任せるような性善説にたった規制では、むしろ法令順守意識の高い運送会社がワリを食うことになる恐れもある。法令順守意識の低い企業が安価な運賃を提示して、他社の仕事をさらっていくような、

「正直者がバカを見る」

ようなケースが後を絶たないからである。このように考えを進めると、多少不合理であったとしても、430の規制を緩和することには賛成できないと感じる。

 なお上述のとおり、430が順守できないひとつの要因は、

「高速道路における駐車スペースの不足」

である。ただし、駐車スペースがないから430を緩和する、というのは本末転倒であり、泥縄式の対策だといわざるを得ない。

 なお、現時点でも政府主導で駐車スペース拡充に取り組まれているものの、現状の対策は十分とはいえない。一日もはやく、ドライバーが安心して休憩を取れる環境が実現することを期待したい。

全てのコメントを見る