4時間走って30分休憩 長距離ドライバーの「430規制」は緩和すべきか? ネットでは「860がいい」の声も 物流危機で考える

キーワード :
, ,
トラックドライバーの長時間拘束や休日の少なさなどは広く知られるようになった。一方で、多くのドライバーが不満を抱える、世間的にあまり知られていないのが「430」の問題だ。

ドライバーから評判が悪い「430」規制

トラックドライバーのイメージ(画像:写真AC)
トラックドライバーのイメージ(画像:写真AC)

 ドライバーのために設けられた430の規制であるが、上述のとおり、当のドライバーからの評判は芳しくない。

 その第一の理由は、

「早く目的地に着いて休みたい」

というドライバー心理である。

 目的地に到着するまでは何が起きるかわからないから、早めに目的地近辺に到着し、そこで休んだほうが安心だ。また、多かれ少なかれ目的地で待機が発生するなら、早めに着いて待ったほうがよいとの心理も働く。

 以上の説明は「行き」のケースだが、「帰り」の場合は、その傾向がより明確である。これは、あと30分運転すれば会社に着くような場合を想像すればよく理解できる。中途半端に休みを取るよりも、早く家に帰りたいというのが普通の心境だろう。

 以上の問題は以前から指摘されていたことだが、ここ数年、430への不満が高まっている大きな要因というのが、高速道路の駐車スペースの逼迫である。

 有り体にいえば430の規制自体が

「昔は守られていなかった」

のだが、ここ20年ほど国の厳しい指導によって、多くの運送会社が法令を順守するようになった。

 その結果、運送会社がドライバーに休みを取らせるようになったのはよいものの、以前はそれほど混むことのなかった駐車スペースが恒常的に逼迫するようになった。

 会社から運行指示を受けているドライバーは、その指示に従って運転を中断したいが、駐車できるサービスエリア、パーキングエリアがない。時間をかけて探してまわらなければいけない。これでは何のための430の規制なのかわからない。そのような意味では、ドライバーの不満はもっともである。

全てのコメントを見る