タクシーの車内、実は個人情報“ダダ漏れ状態” ドライバーの耳に勝手に入ってくるあれこれ 自己防衛するにはどうしたらいい?

キーワード :
,
ニュース番組『ABEMA Prime』6月8日放送分で、ガソリンスタンドの従業員が、来店した著名人のクレジットカード番号、直筆サインの記されたレシート画像をSNSに投稿したことが紹介され、個人情報の在り方について討論された。

情報流出は最小限に

タクシー乗り場(画像:写真AC)
タクシー乗り場(画像:写真AC)

 悪意の有無は別として、タクシードライバーは乗客のどのような個人情報を知り得るのだろうか。

 まずは「目的地」である。目的地を告げなければ、タクシーは走らない。目的地は会社であったり、病院であったり、自宅であったりとさまざまだ。

 次に知り得る情報は、乗客の「氏名」だ。路上でタクシーを捕まえる際はわざわざ名乗らないが、迎車としてタクシーを呼ぶ際は氏名が必要だ。異なる乗客を乗せてクレームにならないためにも、必須である。

 そして、最後は乗客同士の「会話内容」である。ドライバーの意志とは関係なく、会話内容は自然と耳に入ってくる。

 そのためにも、利用者は個人情報の流出を最小限にしなければならない。タクシーから降りるときは目的地から少し離れたところに止めてもらい、そこから歩くなどして住所を特定されないように務めてもいい(もちろん信頼できるドライバーなら話は別である)。

 また、カーナビで住所を入力してもらうときも「〇丁目」までにとどめて、あとは口頭で案内するなど、カーナビ上に履歴を残さないようにするのもテだ。

 そして、降車の際、領収書(レシート)は捨てずに持ち帰ること。領収書には、

・タクシーの車番
・タクシー会社の電話番号
・降車時間
・降車場所の衛星利用測位システム(GPS)の指標

が印字されている。

 それでも不安なら、タクシーを降りる際、ドライバーに名前と社名を聞いたり、乗務員証を撮影したりするなどして、プレッシャーをかけるのも有効である。

 ただ、乗務員証については、これまで車内での掲示が義務付けられていたが、ドライバーのプライバシー保護の観点から、氏名、顔写真、運転免許証の有効期限が今後削除される予定だ。

全てのコメントを見る