「キャブレター式バイク」はなぜ消えたのか? ノスタルジックで魅力的も、バイクに迫る世知辛い規制の山

キーワード :
,
かつては「バイク = キャブレター式」というイメージを持つ人も多く、2ストロークバイクには必ずキャブレター式エンジンが載っていた。しかし近年では、新車として販売するケースはめっきり見かけなくなった。なぜか。

今後どうなるのか

バイクのキャブレター(画像:写真AC)
バイクのキャブレター(画像:写真AC)

 前述のとおり、キャブレター式バイクは

・インジェクション式の台頭
・排ガス規制

により、影をひそめるようになった。しかし、生産されていないわけではない。2023年現在、国内モデルとして販売されているキャブレター式バイクはごくわずかだが、入手方法はほかにも存在する。

 それは、

・新興国向けモデル
・並行輸入モデル

である。

 海外で生産・販売されている一部モデルは、日本でも輸入バイクとして手に入れることができる。“アジアンバイク”とも呼ばれるこのバイクは、キャブレター式モデルも存在するだけでなく、手頃な値段であるのが特徴で、日本のバイク市場に新たな旋風を巻き起こし始めている。

 しかしその一方、ユーロ5よりもさらに厳しいとされる「ユーロ6」が、二輪車にも適用されるかもしれないといううわさもある。もしそうなれば、さらにキャブレター式バイクの肩身は狭くなるだろう。

 技術が進歩し、電気で走るバイクも登場し始め、キャブレター式バイクの存在そのものが危ぶまれる声もある。新車で手に入れられるのはあと数年以内かもしれない。

 古参のバイクファンの心中やいかに。

全てのコメントを見る