よみうりランドにトヨタ新BEV体験ゾーン 立ち乗り電動三輪「C+walk T」ベース 11月限定

キーワード :
よみうりランドで、トヨタの立ち乗り式電動三輪車「C+walk T(シーウォークティー)」の体験イベントが11月中に開催される。空港やショッピングモールなどの施設内で歩行に代わる新たな移動手段として開発されたこのモビリティを、一般体験を通して親しんでもらう考えだ。

「歩くように動ける3輪」身近に

よみうりランドの期間限定アトラクション「近未来体験TA・CHI・NO・RI」のイメージ(画像:よみうりランド)。
よみうりランドの期間限定アトラクション「近未来体験TA・CHI・NO・RI」のイメージ(画像:よみうりランド)。

 よみうりランドは2021年11月中、園内のゴーカートコース約400mにて期間限定のアトラクション「近未来体験『TA・CHI・NO・RI(タチノリ)』」を実施する。

 ここでは、トヨタが10月1日に発売した立ち乗り式の電動三輪車「C+walk T(シーウォークティー)」をベースとするモビリティの走行体験ができる。コース内には園内を俯瞰できる陸橋もあり、日没後は走行中にイルミネーションを楽しむことも可能だ。

 今回のイベントはトヨタグループのトヨタ・コニック・プロおよびトヨタモビリティ東京との共同企画。「C+walk T」は非公道の空港やショッピングモールなどの施設内での移動を想定し、歩行空間での新たな移動手段を提供するものとしており、遊園地で気軽に体験してもらうことにより、社会への浸透を図りたい考えだ。

 通行は5分ほどで、料金は300円。