西武バスに大型EVバス「K8」2台納入 ビーワイディージャパン

キーワード :
, ,
ビーワイディージャパンは2月15日、西武バスに大型EVバス「K8」2台を納入したと発表した。

営業所に太陽光発電設備も

主に清瀬駅北口~けやき通り~旭が丘団地を走る路線バスとして導入された大型EVバス「K8」(画像:ビーワイディージャパン)
主に清瀬駅北口~けやき通り~旭が丘団地を走る路線バスとして導入された大型EVバス「K8」(画像:ビーワイディージャパン)

 中国の電気自動車(EV)メーカー大手BYDの日本法人「ビーワイディージャパン」(横浜市神奈川区)は2月15日、西武バス(埼玉県所沢市)に大型EVバス「K8」2台を納入したと発表した。2023年2月27日から、西武バス新座営業所(同県新座市)で、主に清瀬駅北口~けやき通り~旭が丘団地を結ぶ系統において路線バスとして運行する予定。

 西武バスは、今回のEVバス導入にあわせて、関西電力が展開するオンサイトPPA(発電事業者が、電気を使用する企業の敷地内に太陽光発電設備を設置し、所有・維持管理をした上で、発電設備による電気を企業に供給する仕組み)を導入しており、関西電力が新座営業所の建物に太陽光パネルを設置し、発電される電気を、同営業所施設に供給する計画。関西電力によると、EVバスとオンサイトPPAをあわせて導入する取り組みは、国内で初めてという。

 100%電気で走るEVバス「K8」とオンサイトPPAの導入によって、日中はバスの運行管理システムの運用から空調・照明まで、新座営業所内で使用する一部の電気を自然エネルギーでまかなうことが可能となる。また、災害時に停電した場合でも、営業所の運行管理機能が維持されることでバス運行が継続できるほか、充電されたEVバスを一時避難施設などに派遣して電力供給を行い、地域住民のライフライン確保に大きく貢献することが期待できるという。

全てのコメントを見る