現存する世界唯一の「零戦52型」をご存じか

キーワード :
, , , , ,
太平洋戦争において、世界を驚かせた日本の航空機技術。その代表とも言える「零式艦上戦闘機五二型」は、オリジナルのエンジンをそのまま搭載し、飛行可能な状態で保存されている機体は世界にたった1機だけである。

オリジナル・エンジンかつ飛行可能な唯一の機体

米プレーンズ・オブ・フェイム・エア・ミュージアムが所蔵する、オリジナルのエンジンかつ飛行可能な状態の零式艦上戦闘機五二型(画像:矢吹明紀)
米プレーンズ・オブ・フェイム・エア・ミュージアムが所蔵する、オリジナルのエンジンかつ飛行可能な状態の零式艦上戦闘機五二型(画像:矢吹明紀)

 1936(昭和11)年、日本海軍の制式艦上戦闘機は、九試単座戦闘機から発展した九六式艦上戦闘機となった。

 この機体は、艦上戦闘機としては当時の世界水準を上回る最新のコンセプトと機体構造、すなわち全金属製モノコック低翼単葉構造となっていたのが特徴である。

 狭い飛行甲板からの運用が前提だった艦上戦闘機における当時の標準的な機体構造は、離着陸性能に優れた複葉であり、単葉の採用は異例中の異例だったのである。また空力的な洗練とともに軽量化にも力が注がれていたことから、運動性能もまた複葉に遅れを取ってはいなかった。

 要するに、戦い方次第で複葉機に匹敵する高い機動性を発揮できたということ。こうして九六式艦上戦闘機は、優れた高速性能と運動性能を両立するという1930年代後半を代表する名戦闘機となった。

 一方、その後継として翌昭和12年から開発されることとなった十二試艦上戦闘機は、これら九六式艦上戦闘機の優れた特長はそのままに、より一層の高速化、航続距離の延長、武装の大幅な強化といった過酷な要求が海軍航空本部からなされることとなった。

 これはある意味無理難題であり、通常の感覚では実現不可能な要求ではあった。