キリンHDが自動化ソリューションの実証開始 飲料倉庫が抱える重筋作業などの対策検証、三菱重工グループと共同で

キーワード :
, , , ,
キリンビバレッジとキリングループロジスティクスが、「LogiQ X Lab」における飲料倉庫への自動ピッキングソリューション導入に関する実証実験の実施を発表した。

2023年6月まで実施

実証実験のイメージ(画像:キリンホールディングス)
実証実験のイメージ(画像:キリンホールディングス)

 キリンビバレッジ(東京都中野区)とキリングループロジスティクス(同)は11月21日、横浜・本牧の「LogiQ X Lab(ロジックス・ラボ)」における飲料倉庫への自動ピッキングソリューション導入に関する実証実験の実施を発表した。

 三菱重工業と三菱ロジスネクストとの共同実証で、期間は2022年11月から2023年6月まで。共同実証は、従来から使われている

・無人フォークリフト
・無人搬送車
・ピッキングロボット

の三つの機械の連動を最適化する点が特長だ。

 キリンビバレッジの倉庫オペレーション条件下で、三菱重工開発の自律化・知能化ソリューション「ΣSynX(シグマシンクス)」による最適化制御の検証を実施し、安全に配慮した倉庫物流現場の課題解決を目指す。

 現在、多くの企業で、商品を倉庫や工場内の保管場所から取り出して配送先ごとに仕分けるピッキング作業のほとんどを人の手を介して行っている。飲料業界でも、飲料が入った重量のある段ボールを人の手を介してピッキングしていることから、重筋作業として負担が大きいことや、誤作業のリスクがあることが課題となっている。

 また、2024年問題に関連して、労働時間管理が厳格になり重筋作業が要求される現場での作業オペレーター確保も課題だ。

 キリングループでも、工場の自動化を進めている一方で、倉庫の物流は有人フォークリフトや作業者による手作業が中心となっており、物流オペレーター不足や重量物ピッキングへの対策、人材のさらなる有効活用が課題となっている。

全てのコメントを見る