トヨタ「実証実験の街」ウーブンシティ着工 将来は2000人以上が居住

キーワード :
, , , ,
トヨタが自動車工場の跡地に建設する、自動運転などの実証実験を行う都市「ウーブンシティ」が着工された。将来的にはトヨタの従業員など2000人以上が暮らすという都市は、どのようなものなのか。

富士裾野 旧東富士工場の跡地に「街」を

ウーブン・シティのイメージ(画像:トヨタ)。
ウーブン・シティのイメージ(画像:トヨタ)。

 トヨタ自動車とウーブン・プラネット・ホールディングスは2021年2月23日(火・祝)、東富士工場(静岡県裾野市)跡地の旧車両ヤードで「Woven City」(ウーブン・シティ)の地鎮祭を実施した。

 ウーブン・シティは、トヨタが「実証実験の街」と位置付ける都市。新しい技術やサービスの開発と実証のサイクルを素早く回すことで、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることを狙いとしている。ウーブン・プラネット・ホールディングスは、それら技術やサービスの開発を担う。

 今後、この街で自動運転、パーソナルモビリティ、ロボット、人工知能(AI)技術など様々な領域の新技術が実証されていく見込みだ。「自動車会社からモビリティカンパニーへの変革を目指す」というトヨタの目玉となるプロジェクトのひとつに位置付けられている。

 なお、ウーブン・シティには地上に自動運転モビリティ専用、歩行者専用、歩行者とパーソナルモビリティが共存する3本の道が網の目のように織り込まれ、地下にはモノの移動用の道が1本つくられるとのこと。また、高齢者や子育て世代の家族、発明家などを中心に、初めは360人程度、将来的にはトヨタの従業員を含む2000人以上の住民が暮らしていくという。