「IoTタイヤ×地図」でビジネス摸索 ゼンリン・横浜ゴム・アルプスアルパインが実証実験

キーワード :
, , , , , , ,
ゼンリン、横浜ゴム、アルプスアルパインが、路面検知システム搭載の「IoTタイヤ」で得たデータを地図情報と紐付ける実証実験を行う。

安全運転支援、自動運転車両の制御などを検討・提案

開発体制(画像:ゼンリン)。
開発体制(画像:ゼンリン)。

 ゼンリンは2021年2月19日(金)、横浜ゴム、アルプスアルパインと共同で、路面検知システム搭載の「IoTタイヤ」で得たデータを地図情報と紐付ける実証実験を行うと発表した。

 横浜ゴムとアルプスアルパインは、従来のタイヤ空気圧検知に加えて、摩耗や路面の状態を検知し、それらの取得データをデジタルツールで処理・管理していくソリューションビジネスを視野に入れた研究開発を2019年に着手している。

 今回の実証実験で3社は、IoT(Internet of Things;モノのインターネット)化したタイヤを装着した実験用車両を走らせて公道から様々な路面検知情報を取得。さらにゼンリンの地図データに紐付けて、路面データの分析・蓄積とシステム構築を加速させることで、新たな付加価値を提案するタイヤビジネスを模索するという。

 例えば、摩耗状態や空気圧不足を検知し、急勾配・急カーブ道路を避けるナビゲーションや、路面凍結・陥没道路などの情報提供による安全運転支援、自動運転車両の制御など、様々なソリューションを検討・提案する。

 ゼンリンは今後も、道路の標識や標高・勾配情報を含む高精度空間データベースに、IoTデバイスから収集したプローブ情報、各企業が保有するビッグデータなど、多様な動的情報を連携させることで、CASE社会の移動を支援するサービスの実現に貢献するとしている。