今年のお盆、渋滞予測は不可能? 「ガソリン高騰」「コロナ再増加」で出控えか、それともガス欠続出か

キーワード :
, , , , , ,
2022年のお盆が近づき、夏の予定を立て始めた人も多いのではないだろうか。気になるのは、やはり高速道路の渋滞だ。

過去データから見る、NEXCO予想の正確性

交通渋滞のイメージ(画像:写真AC)
交通渋滞のイメージ(画像:写真AC)

 ちなみに、2019年の実際の渋滞について、小仏トンネルが速報値で31.5km、大和トンネルで33.9kmとNEXCO中日本が発表しており、ほぼ予想通りの数値だった。

 とはいえ、「自粛ムードの緩和」「ガソリン価格高騰」といった不確定要素を抱えて迎える2022年のお盆は、過去データによる付け合わせが難しい。

 状況次第で人々の予定は流動するだろうし、思いがけず“ガス欠”を起こす車もあるかもしれない。2019年のように前年以前の情報から予想を組み立てることは容易ではないだろう。

 そうした状況を頭に入れつつ、万全の体制での高速を利用するつもりで出掛けるのが良いのではないだろうか。

全てのコメントを見る