新車が品薄! 納車は「1か月」から「4年以上」まで、なぜそんなに幅広いのか? 各メーカーに聞いてみた

キーワード :
, , , , ,
中古車価格の高騰にも表れている通り、新型コロナ禍などを背景とした新車の品薄状態が続いている。納車までの期間はメーカー・車種によって幅もある。各社に状況を尋ねた。

中古車、未曽有の価格高騰

新車販売のイメージ(画像:写真AC)
新車販売のイメージ(画像:写真AC)

 中古車の価格が高騰している。

 その背景には、新型コロナ禍を発端とした都市のロックダウンによる物流の滞りや、世界的な半導体不足がある。

 それにより新車の生産が遅れ、納車待ちが発生している。つまり、新車を注文してもなかなか届かない状況になっているのだ。この納車待ちは、自動車メーカーや車種によって差があるとも言われている。

 その理由はどこにあるのか探ってみた。

新車よりも中古車の方が売れている

 車の購入を検討している、あるいは買い替えを検討しているユーザーは、新車を注文しても納車されるまでの期間が長過ぎるため、すぐに納車可能な中古車に流れている。

 実際、以下のようなデータがそれを物語っている。

 日本自動車工業会(JAMA)のデータによると、2020年の四輪車新車販売台数は約381万台(普通車、小型四輪車、軽四輪車)だったのに対し、四輪中古車販売台数は約574万台(普通車、小型四輪車、軽四輪車)だった。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)のデータでも、2022年5月末時点の新車販売台数の累計は約108万台、中古車登録台数は約152万台となっている。

 中古車が多く販売されており、中古車の在庫(タマ数)が減少傾向にある。その状況は2022年6月時点でも解消されていない。

 中古車価格は、車種、年式、走行距離、色、外装・内装の劣化具合などさまざまな要因で変わってくる。そのため、個体差が大きく一概に安い・高いと判断することは難しい。

 しかし、筆者の愛車(2019年式に新車で購入した国産ハッチバック)の値段を比較しても、新車と中古車であまり差がないことに驚いた。

 自動車販売店の担当者に聞いてみても「新車と中古車の価格差が少ないこともあり、納期が長くても構わないのであれば、新車をお薦めしている」と話す。