トラックドライバーが絶望的に足りない! 給与・待遇で大きな企業間格差、いま採用現場で何が起きているのか?

キーワード :
, , , ,
トラックドライバーをめぐる有効求人倍率は、2020年以降に低下がみられ、人手不足が解消しているかのように見える。しかし、こうした数字には表れないドライバー確保の難しさを現場は抱えている。前編・後編の2回に分けて紹介する。

15年間でドライバー3割減少との試算も

コロナ禍のトラックドライバーのイメージ(画像:写真AC)
コロナ禍のトラックドライバーのイメージ(画像:写真AC)

 トラックドライバーの人手不足は、もはや社会課題となっている。2015年に76.7万人いたトラックドライバーは、2030年には51.9万人にまで減少するという試算もある。15年で24.8万人、約3割減少するとなれば、日本経済への影響は避けられない。

 一方で、新型コロナウイルスの影響により、2020年以降、トラックドライバー採用における求人倍率は減少している。数字上では、トラックドライバーの人手不足感は、やや解消していることになるのだが……。

コロナ禍でやや下がった有効求人倍率

「自動車運転の職業」、過去約20年間の有効求人倍率の推移。青い線が全職業、オレンジ色の線が自動車運転の職業を表している(画像:坂田良平)
「自動車運転の職業」、過去約20年間の有効求人倍率の推移。青い線が全職業、オレンジ色の線が自動車運転の職業を表している(画像:坂田良平)

 トラックドライバーの人手不足は、依然として深刻な状況にある。

 だが、新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年以降の「自動車運転の職業」(※トラックドライバーだけでなく、バス運転手なども含まれている)における有効求人倍率を見れば、それ以前よりもやや下がり、ドライバー不足感は解消傾向にあると見てとれる。

「自動車運転の職業」における2018年の有効求人倍率は3.00倍、2019年は3.14倍だが、以降2020年2.30倍、2021年2.15倍、2022年(※1月~3月)2.27倍と下がっている。

 参考までに、全職業の有効求人倍率を挙げると、2018年1.41倍、2019年1.43倍、2020年1.08倍、2021年1.06倍、2022年1.16倍となっている。

 2012年以降の推移を見ると、「自動車運転の職業」における有効求人倍率はずっと右肩上がりだったが、2020年に入り急速に落ち込んでいることが分かる。

 だが、この有効求人倍率の推移だけを見て、トラックドライバーの人不足が解消に向かっていると考えるのは早計である。