トラック運転手のオアシス「トラックステーション」閉鎖相次ぐ ネット通販需要&ユーチューバー熱視線も、一体なぜなのか

キーワード :
, ,
トラックドライバーの休憩や宿泊、情報収集などのための施設「トラックステーション」。しかし、2010年代後半ごろから閉鎖する施設が相次いでいる。一体なぜか。

最初のTSは1976年にオープン

埼玉県さいたま市にある「大宮トラックステーション」(画像:(C)Google)
埼玉県さいたま市にある「大宮トラックステーション」(画像:(C)Google)

 皆さんは、トラックステーション(以下TS)をご存じだろうか。TSとはトラックドライバーの休憩や宿泊、情報収集などのための施設で、飲食施設、簡易宿泊施設・仮眠施設、コンビニ、コインシャワー、コインランドリー、休憩所、自動販売機、トイレ、駐車場、情報提供施設などから構成される。

 1976(昭和51)年に最初のTSがオープンして以来、全国の主要国道沿いに開発が進展した。現在は北海道の札幌TSから大分県の大分TSまで25施設が営業している。高度経済成長期には国内の物流が一気に拡大し、長距離トラックがその物流の担い手となっていった。

 しかし、国内を縦断する長距離運転は過重な労働である。トラックドライバーの労働環境の改善を図るためには休憩施設などの環境整備が必要であるとされ、

・営業用トラックの輸送力の確保
・輸送サービスの改善
・安全運行の確保

などに資するために創設された運輸事業振興助成交付金による事業として整備が推進された。

 TSは全日本トラック協会が運営している。TS内の施設の利用は協会員であるトラックドライバーが優先だが、すいていれば飲食店など一般の人が利用することもできる。なかには、ラーメンチェーン店を展開するゆにろーず(茨城県取手市)のガッツリ系人気ラーメン店「にんたまラーメン」が入居しているTSもある。

 同店は2006(平成18)年に茨城TSに出店したところ、トラックドライバーの人気が非常に高く、トラック協会からの要請で他のTSにも入店することになった。テレビ番組でも取り上げられ、大食いYouTuberがデカ盛りチャレンジをしている。

 また、そのほかのTSにある食堂はトラックドライバー対象だけあってボリュームがあり、昭和っぽさが何か懐かしくもある社員食堂のようなメニューになっている。朝食ビュッフェを実施しているところもある。