子育て世帯に最適なクルマとは? 「ミニバン買おう」「やっぱり軽自動車」より遥かに大事なことがあるんです

キーワード :
,
子育て世帯でも、子どもの年齢によって車の使い方はかなり違う。その成長に合わせた車選びが大切だ。

子育て世帯「基本路線はHV」

子育て世帯の自動車イメージ(画像:写真AC)
子育て世帯の自動車イメージ(画像:写真AC)

 教育費や住宅ローンなど出費の多い子育て世帯の車選びは、基本的に「低燃費で維持費が安い」ことが基準になる。ガソリン価格が高騰するなか、ハイブリッド車(HV)はその筆頭候補だ。

「車 = ガソリン車」というかつてのイメージはもはや過去のものだ。日本自動車販売協会連合会によると、2023年度の乗用車の燃料別月販台数では、HVが毎月過半数を占める。

 トヨタ・プリウスが登場してから25年以上が経過し、自動車各社はさまざまなHVを提供するようになった。ミニバンから軽自動車まで、子育て世帯が購入を検討する車種を網羅しているといっても過言ではない。

 一方、さまざまな意味で注目されている電気自動車(EV)の開発も続いているが、ラインアップや価格、充電スタンドの整備状況などを考えると、まだ子育て世帯が購入を検討するところまでは至っていない。つまり、“基本路線”はHV中心ということになる。

 しかし、HVの価格は、車種にもよるがガソリン車より40万円から70万円ほど高い。また、ガソリン車も技術改良により低燃費化が進んでいる。長距離を運転することが多いかどうか、気になる車種のHVとガソリン車の価格差は

「ガソリン代で埋められるかどうか」

を検討するのが無難だ。

全てのコメントを見る