AI自動対応券売機や案内ロボット うめきたエリアで近未来の案内サービス、今春導入

キーワード :
, , ,
JR西日本は、3月18日開業予定の大阪駅(うめきたエリア)に、人工知能を活用した「みどりの券売機プラス+AI」と「AI案内ロボット」、「視覚障害者向けナビゲーションシステム(shikAI)」を導入すると発表した。

AIが切符購入や移動サポート

AI案内のイメージ(画像:JR西日本)
AI案内のイメージ(画像:JR西日本)

 JR西日本は、2023年3月18日開業予定の大阪駅(うめきたエリア)に、人工知能(AI)を活用した「みどりの券売機プラス+AI」と「AI案内ロボット」、「視覚障害者向けナビゲーションシステム(shikAI)」を導入すると発表した。

「みどりの券売機プラス+AI」は、従来の「みどりの券売機プラス」に、AIによる自動応対機能を搭載。画面に投影されるキャラクターとの対話を通じ、音声による操作で切符の購入ができる。

 AI案内ロボットは、「AIアシスタント」が、利用者の質問を音声認識で理解し、音声や画面投影を通して、周辺施設や出口、乗り換え情報、観光地などの案内を行う。

 視覚障害者向けナビゲーションシステム「shikAI」は、点字ブロック上に設置したQRコードを、利用者のスマートフォン上の専用アプリで読み取ることで、事前に設定した目的地までの点字ブロックの経路を音声で案内する。

 JR西日本は「先進的なデジタル技術により、これまでにない新しい体験をお客さまに提供し、シームレスな移動をサポートしたい」としている。