AIが乗降予約にあわせて運行ルートを計算 茨城・日立で「AIデマンド配車」始まる

キーワード :
, , , , , , , , , ,
茨城県日立市で「AIデマンドサービス」が始まる。利用者の乗降リクエストに応じて、AIが車両の運行ルートを計算。これにより路線バスの固定ダイヤ・ルートに比べて大幅に利便性が向上するという。

肝は「利用者と車両の移動のバランス最適化」

 この「ダイナミックルーティング」のアルゴリズムはVia Mobility Japanが提供。同社担当者は「仮想バス停までの利用者の移動と、車両の移動効率のバランス最適化」が肝という。AIは、バス停まで歩いてもらう距離をなるべく短くしつつ、車両も遠回りにならず、乗車人数も定員を超えないように、などといった条件を踏まえてバスのルートを導き出す。

 Via Mobility Japanによると、長野県茅野市で2020年12月から2021年5月にかけて行った乗合オンデマンドタクシーの実証運行では、待ち時間が平均9分、アプリ利用率は80%だったという。

 今回の取り組みでは、日立市は各種調整や市政策への反映、茨城交通は「ひたち圏域新モビリティー協議会」の運営や利用者への告知、電鉄タクシーは運行業務、みちのりHDは計画策定、アプリの仕様設計などをそれぞれ担う。

 Hitachi MaaSは、AIデマンドサービスに加え、高速バスや自動運転の「ひたちBRT」、企画きっぷの検索・予約・決済なども可能。AIデマンドサービスが地域交通の一つとして認知され、地域の移動が一つのアプリで済むように設計されている。

 今回の取り組みを通じて、地域の公共交通を補完する末端交通として、AIデマンドサービスの可能性を検討するとともに、新たな利用者数の発掘を目指すとしている。