「呼べば10分で来る」ウィラーの新サービス「mobi」本格展開へ オンデマンド交通は根付くか

キーワード :
, , , ,
ウィラーがオンデマンド型の新モビリティサービス「mobi」の本格展開を発表した。「2km圏内の移動」に特化し、スマホで呼べば10分以内に車両が来ることを保証するそう。ライバルは「マイカーのチョイ乗りと自転車」という。

コロナ禍の社会変化に応える新サービス

京都府京丹後市で実証実験を行う「mobi」の車両イメージ(画像:ウィラー)。
京都府京丹後市で実証実験を行う「mobi」の車両イメージ(画像:ウィラー)。

 ウィラーが2021年3月9日(火)、「MaaS Meeting 2021」と題したカンファレンスを京都府のけいはんなプラザで開催。そのなかで村瀬茂高(瀬の字は異体字)社長が、新サービス「mobi」の構想を明らかにした。

「mobi」は、スマートフォンアプリなどで配車する、いわゆるオンデマンド交通のサービス。コロナ禍により通勤などの移動が減り、自宅周辺での移動が増えていることに着目し、「自宅から2km圏内の移動」に特化したものだという。村瀬社長は次のような特徴を挙げる。

・呼べば10分で迎えに来る
 スマートフォンなどで乗車を申し込めば、天候によらず、自宅まで10分以内に迎えに行く。高齢者の利用も想定し電話予約も対応する。

・運賃は「サブスク」
 たとえば家族の代表を本会員として月額5000円などに設定し、同居家族は会員として1人増えるごとに500円増、といった料金プランを想定している。1回ごとの移動コストが出控えの要因になるのを避け、家族の移動を促進する狙いだという。

・顔なじみの「マイドライバー」
 1エリアにつき2~5台の体制で運行。利用者とドライバーが顔なじみになることで、地域の見守りにつなげる。村瀬社長は「子どもの塾の送迎にも安心感がある」と話す。

・エリア内の全ての移動ニーズを集積・効率化
 一般利用者だけでなく、法人やデリバリーの利用も想定。たとえばホテルや塾の送迎もmobiが引き受けることで、コスト削減につなげられ、その事業者の商品にサービスとして付加できるという。

・公共交通との連携でシームレスな移動
 アプリ上でmobiと公共交通を組み合わせた複合的なルート検索を可能とし、ストレスない連携を実現。移動が2km圏内を超える場合、タクシーも配車可能にする。