赤字ローカル線を活性化させたければ「ハイブリッド気動車」を導入するべきだ

キーワード :
, ,
JR東海が、ハイブリッド方式のHC85系気動車を2022年7月1日から特急「ひだ」で利用開始している。いったいどんな効果があるのか。

エネルギー政策を変える気動車

HC85系気動車(画像:堀内重人)
HC85系気動車(画像:堀内重人)

 ディーゼルエンジンで発電を行い、モーターを駆動させて走行するハイブリッド方式のHC85系気動車を、JR東海が2022年7月1日から特急「ひだ」で利用開始した。

 環境負荷を軽減させるため、HC85系気動車ではミドリムシを原料としたバイオ燃料の使用が計画されており、2022年1月から試験が行われている。これが実現すれば、日本の交通体系だけでなく、エネルギー政策なども大きく変わる。

 ちなみに一般用だが、JR九州もYC1というハイブリッド気動車を導入しており、こちらも電車並みの走行性能を有している。

ハイブリッド気動車の特徴

JR九州のYC1(画像:堀内重人)
JR九州のYC1(画像:堀内重人)

 これらのハイブリッド気動車は、従来の気動車に備わっていた

・液体変速機
・推進軸
・トルクコンバーター

などが不要なため、構造がシンプルになり、メンテナンスがしやすくなった。また、モーターや制御器なども既存の電車と共通化が図れるため、メンテナンスコストの削減だけでなく、

「電車の運転免許で気動車への乗務が可能」

となるなど、運転士の養成コストの削減にもつながる。

 HC85系気動車では、1両当たりのエンジン数が450PSのエンジン1台のため、燃費が35%向上する。また、1両当たり145kWのモーターが4台搭載されており、大容量のバッテリーと相まって、最高運転速度はキハ85系気動車と同等に120km/hを維持する。また燃費と静寂性を向上させるため、客用のドアが開いた状態ではエンジンを停止するアイドリングストップ機構を搭載している。

 YC1もHC85系気動車と同様に、1両当たり450PSのエンジンを1台とバッテリーを搭載するが、こちらは一般用の気動車のため、95kWのモーターが2基になる。それでも最高運転速度は110km/hのため、国鉄時代に製造された一般用気動車の性能を完全に上回っている。YC1の場合、国鉄時代に製造されたキハ40系気動車やキハ66系気動車と比べて、燃料の消費量を約2割も軽減できる。

 バス事業は運行コストの7~8割が人件費であるため、燃料の消費量が減ってもあまり経費削減に貢献しないが、鉄道事業の場合、運行コストの3~4割は燃料などの動力費が占めるため、省エネ効果はローカル線の経費削減に貢献する。

全てのコメントを見る