高齢者の交通事故、増加は今後も避けられず! それに抗うホンダ・トヨタの「実証実験」は社会を救えるのか

キーワード :
, , , , ,
高齢者の運転による交通事故が社会的な問題としてクローズアップされている。こうした状況を打開しようと、国の政策だけによらず民間主導による研究や実証実験が進められている。

ホンダ、健康と運転への影響を検証

自動車を運転する高齢者のイメージ(画像:写真AC)
自動車を運転する高齢者のイメージ(画像:写真AC)

 近年、大きな社会問題となりつつあることに、高齢者の自動車運転に関する交通事故の増加傾向がある。

 実際、現時点で交通事故の総数および死亡事故件数自体は減少に向かっている一方、主として75歳以上の高齢者の運転による事故の割合、特に死亡事故の割合はやや増加傾向にある。

 今後、ドライバー全体に占める高齢者の割合はいっそう増加することは確実であり、事故抑制のためには何らかの動きが必要ということで、中央政府や地方行政主導ではなく自動車メーカーと関連企業および大学などが協力して行う安全啓蒙(けいもう)運動が、いくつか立ち上がり始めた。

 まずは本田技研工業、エーザイ、大分大学、臼杵市医師会が実施するのは、高齢ドライバーの日々の健康状態と運転能力への影響、そしてそれらの関連性についてデータを示しつつ検証するというもの。

 ここでは大分県臼杵市在住の65歳以上のドライバー100人を対象に、同医師会による健康診断を実施、さらに大分大学とエーザイによる最新の認知機能テストを行いつつ、それぞれの日々の体調の変化をホンダがウエラブルデバイスによって収集する。