「次のバスを見送ると快適に乗車できます」ドコモ・東急バスが客の行動変容促す実験

キーワード :
, , ,
NTTドコモと東急バスが、路線バスの混雑平準化を図る実証実験の第1弾として、利用客の行動変容を促すメッセージをバス停留所のデジタル画面に配信する取り組みを始めた。

路線バスの停留所にメッセージを配信

バス停留所へのメッセージ配信イメージ(画像:NTTドコモ)。
バス停留所へのメッセージ配信イメージ(画像:NTTドコモ)。

 NTTドコモと東急バスは2021年3月24日(水)、路線バスの混雑平準化を図る実証実験の第1弾として、利用客の行動変容を促すメッセージをバス停留所のデジタル画面に配信する取り組みを始めた。

 この実験は、3月3日(水)から東急バスで実施している「バス車内のリアルタイム混雑状況の配信」を利用。バス停留所に「次のバスを見送ると、快適に乗車できます」といったメッセージを配信して、効果を検証する。メッセージは、人々にちょっとしたきっかけを与えて行動変容を促す行動経済学のナッジ理論を活用する。

 実験は4月27日(火)までの平日に行う。混雑平準化を図ることで、乗客は快適な移動を、バス事業者は遅延解消を期待できるという。趣向を変えた複数のメッセージを配信し、効果的な案内の方法を検証するとともに、利用者への案内方法の改善を検討する。

 また、続く第2弾では、行動変容を促すメッセージを利用者のスマートフォンに配信することを計画している。