電気バスの「充電・放電」最適解は? 関電・阪大・阪急バスがシステム構築で実証実験

キーワード :
, , , , ,
関西電力、大阪大学、阪急バスが、電気バスの導入に伴う最適な充放電システムの構築に向けた産学連携による実証実験を行う。

産学連携による実証実験を学内連絡バスなどで実施

実証実験のイメージ(画像:阪急バス)。
実証実験のイメージ(画像:阪急バス)。

 関西電力、大阪大学、阪急バスは2021年2月16日(火)、大阪大学の学内連絡バスなどに電気バスを導入し、最適な充放電システムの構築に向けた産学連携による実証実験を行うと発表した。

 大阪大学の豊中・吹田キャンパスと今春開設の箕面新キャンパスを結ぶ学内連絡バスなどに、阪急バスが一般路線タイプの大型電気バス2台を導入する。電気バスは夜間電力で充電して運行するとともに、運行しない昼間に電気バスの蓄電池から営業所に放電する。さらに、事業継続計画(BCP)の一環として、災害などによる停電時にも、電気バスの蓄電池から営業所の一部に電力を供給する。

 大阪大学は、気温や運行状況といった電気バスの運行データなどを活用しながら、最適な充放電システムの構築に向けたアルゴリズムを算出・検証する。

 関西電力は、電気バスの充電量や営業所建物の電気使用状況を踏まえ、最適な充放電となるようエネルギーマネジメントを行うとともに、電気バスに搭載された蓄電池を遠隔制御することによる仮想発電所(VPP)実証を行う。今後は国内の交通事業者だけでなく自治体や法人向けに、電気バスと充放電システムを用いた新たなモビリティサービスを検討していく。