茨城交通、路線バス約400台で各種「キャッシュレス決済」導入 2023年12月から

キーワード :
, ,
茨城交通の運行する路線バス約400台で、2023年12月、新たに各種キャッシュレス決済の導入される。

導入は2023年12月

茨城交通の企業ロゴ(画像:茨城交通)
茨城交通の企業ロゴ(画像:茨城交通)

 茨城交通(茨城県水戸市)の運行する路線バス約400台で、2023年12月、新たに各種キャッシュレス決済の導入される。

 茨城交通の路線バスでは現在、ICカード・現金以外の決済手段がなく、ICカードも

・いばっピ(統合前の茨城交通エリア)
・でんてつハイカード(旧日立電鉄交通サービスのエリア)

の互換性のないふたつのサービスが併存している。このたび、全エリアのサービスを「いばっピ」に統一し、新たにVisaのタッチ決済とQRコード決済での運賃支払いを可能とし、利便性の向上を実現する。

 今回の導入に関連する企業は、次のとおり。

・みちのりホールディングス(東京都千代田区)
・三井住友カード(東京都港区)
・ビザ・ワールドワイド・ジャパン(東京都千代田区)
・小田原機器(神奈川県小田原市)
・QUADRAC株式会社(東京都港区)

各種キャッシュレス決済の利用が可能に

 新サービスの概要は、次のとおり。

●路線バスで各種キャッシュレス決済の利用が可能に
・Visaのタッチ決済:Visa のタッチ決済対応のカード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォン等を乗降時に決済端末の読み取り部にかざすことで運賃支払いができる。Visaのタッチ決済利用者に対して、利用実績に応じた柔軟な運賃サービスが可能となる(今後検討)。

・QRコード決済:降車時にスマートフォンに表示させたQRコードを決済端末のカメラに読み取らせることで運賃支払いができる(乗車時は整理券を取る)。

・MaaSデジタルチケット:茨城MaaSで販売するデジタルチケットを利用できる。降車時にチケット画面に表示されるQRコードを決済端末のカメラに読み取らせることで認証が完了する(乗車時は整理券を取る)。

●いばっピのサービスがさらに便利に

・日立エリアへ「いばっピ」サービスを拡大する。でんてつハイカードはサービスを終了する。

・「いばっピウェブサービス」の提供を開始する。窓口に足を運ぶことなく、PC、スマートフォンで各種手続きが可能となる。
1.継続定期券の購入:ウェブにて継続の申し込み・決済後、定期券でバスに乗車すると有効期間が自動で更新される。
2.オートチャージの新規申し込み、解約:オートチャージの申請が可能になる。
3.新規定期券の購入予約:あらかじめ予約することで、窓口での購入時間を大幅に短縮できる。