バイオ燃料で路線バス運行 JR四国バスの大栃線で「四国初」導入 エンジン変更は不要

キーワード :
, , , ,
ジェイアール四国バスが運行する路線バス「大栃線」で、ユーグレナバイオディーゼル燃料の使用が始まった。

「ユーグレナバイオディーゼル燃料」を使用

「ユーグレナバイオディーゼル燃料」給油の様子(画像:ユーグレナ)。
「ユーグレナバイオディーゼル燃料」給油の様子(画像:ユーグレナ)。

 ジェイアール四国バスが運行する路線バスで、2021年1月18日(月)からユーグレナ社のバイオディーゼル燃料の使用が始まった。四国地方での同燃料の使用は、JR四国バスとユーグレナ社によると初めてという。

 使用を開始したバス路線は、高知県内の土佐山田駅と美良布(アンパンマンミュージアム)を結ぶ大栃線だ。

 ユーグレナバイオディーゼル燃料は、ユーグレナ社のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントから輸送され、JR四国バスに提供された。微細藻類ユーグレナ(ミドリムシ)と使用済み食用油を原料としており、バス自体の内燃機関を変更することなく使用できる。

 バイオ燃料は、燃料の燃焼段階で二酸化炭素(CO2)を排出するが、原料のユーグレナは成長過程で光合成によってCO2を吸収する。両社は、これにより燃料を使用した際のCO2排出量が実質的にプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルを実現するという。

 ユーグレナ社は、バイオ燃料の供給を2020年から始めており、車両・船舶での利用が広がっている。