ポーラ、化粧品業界初・海洋プラスチック使った「リサイクルパレット」を導入 5年間でCO2排出量17万kg削減

キーワード :
,
ポーラが製品の輸送、保管などに使用する物流資材として、素材の一部に「OBP」を使ったリサイクルパレットを、本月より導入開始すると発表した。効果のほどは。

海洋プラごみ約7.5t流出防止

ポーラの企業ロゴ(画像:ポーラ)
ポーラの企業ロゴ(画像:ポーラ)

 大手化粧品メーカーのポーラ(東京都品川区)は7月6日、製品の輸送、保管などに使用する物流資材として、素材の一部に「OBP」を使ったリサイクルパレットを、本月より導入開始すると発表した。

 OBPとは、海岸線から50km以内の内陸部で正式な廃棄物処理を行っていないコミュニティーから収集されたプラスチック素材のこと。

 現在ポーラでは約1万5000枚のパレットを保有しており、5年間で全てのパレットをリサイクルパレットに交換することを目指す。導入完了時には、新品素材だけを使って製造したものと比べて、杉の木で換算すると1万2131本分(16万9832kg)のCO2排出量削減と、海洋プラスチックごみ約7.5tの流出防止につながることが期待できる。

 物流資材にOBPを活用したリサイクルパレットを導入するのは、化粧品業界で初めてのこととなる

 今回の発表に際し、同社は

「近年、廃プラスチックによる環境問題が世界的に注目を集めていますが、中でも海中、海辺に捨てられた海洋プラスチックごみが大きな問題となっています。今回採用したパレットは、バージン材と比較しCO2削減効果の大きい再生材を使用したパレットに海洋プラスチックごみをアップサイクル(創造的再利用)し、リサイクル材として一部活用することで、世界的に問題となっている海洋プラスチックごみ問題の解決に寄与することができます」

とのコメントを寄せている。