「障害者をバスに乗せろ!」 乗車拒否貫くバス会社と対峙、バリアフリー化の礎を作った「川崎バス闘争」とは何か

キーワード :
, , ,
障害のある人でも公共交通機関を自由に利用できる――。そんな当たり前のことを提起したのが、脳性マヒ者による運動団体「青い芝の会」による社会運動「川崎バス闘争」だ。

川崎駅前のバスターミナルでの闘い

川崎駅前の様子(画像:(C)Google)
川崎駅前の様子(画像:(C)Google)

 この状況のなかで1977(昭和52)年4月12日、「全国青い芝の会連合会」の呼びかけで「川崎バス闘争」が始まった。

 当日13時。当事者と支援者約100人は川崎駅前のバスターミナルで一斉にバスに乗り込んだ。

「なぜ私たち脳性マヒ者はバスに乗れないのか? みなさんと同じ人間ではないのか」

と拡声器から放たれる声が響くなかで、支援者が車いすに乗った当事者たちを車いすごとバスに入れ、乗車させた。なかにはバスの前に立ちふさがる者、窓ガラスを割り、ハンドルを壊す者もいた。

 居合わせた乗客からは罵声が飛んだ。ターミナルに乗り入れていた川崎市営バス、川崎鶴見臨港バス、東急バスなど、どこの会社のバスも動けなくなった。夕方のラッシュになると、乗客のなかには当事者をバスから引きずり下ろす者も現れ、混乱はますます激しくなった。

 警察が動員され、最後の人がバスから降ろされた頃には23時を回っていた。占拠によって運休したバスは35台。約15万人の乗客に影響を与えたが、逮捕者はひとりも出なかった。

闘争から22年後に訪れた変化

車いすに乗る人(画像:写真AC)
車いすに乗る人(画像:写真AC)

 この運動は、交通事業者に大きな衝撃を与えた。ただ、実際にバリアフリー設備が当たり前になるには長い年月を要した。

 川崎バス闘争は国会でも取り上げられる問題となったが、運輸省(現・国土交通省)は

「介護人なしの乗車は困難」

との見解を崩さなかった。

 最終的に運輸規則が改正され、支援者なしでもバスに乗れるようになったのは、1999(平成11)年。闘争から実に22年後のことだった。

 その間、ほかの交通事業者でも対策は進んだ。とりわけ闘争の舞台となった神奈川県では、県と青い芝の会が公共交通のあり方を巡って、継続的に交渉を持つようになり、1980年代半ばには、鉄道駅でエレベーターの設置が進んでいった。

 この動きが全国的に進んだのは、2000年からだ。旅客施設に国の基準に適合したエレベーターや身障者用トイレの設置、車両に車いすスペースの確保などを義務づける「交通バリアフリー法」成立後の話である。

全てのコメントを見る