東名・西湘BPの海沿い区間で高波対策 「越波リモート監視」始動 現地での危険軽減

キーワード :
, , , ,
台風の日も、監視員はここに行く。
東名の由比PA付近。悪天候時は越波の影響でしばしば通行止めになる(画像:写真AC)。
東名の由比PA付近。悪天候時は越波の影響でしばしば通行止めになる(画像:写真AC)。

 ウェザーニューズ社は2020年12月1日(火)、NEXCO中日本と共同で、「越波リモート監視システム」の実証実験を東名高速や西湘バイパスで行うと発表した。

 このシステムは、現場のスタッフが目視で監視している越波の発生状況を、AIを導入した画像解析技術を用いることで、より効率的に発見する新ためのもの。海の間近を走る東名高速の由比付近(静岡市)や、神奈川県の西湘バイパスでの使用を想定している。

 これら区間は、台風や低気圧接近時にしばしば越波の影響を受ける。現状では職員が現地へ向かい、越波の頻度や規模、飛来物の状況を目で監視したうえで通行止めにするなどの措置をとっているが、監視員には危険がともなう。そこで、監視業務の省人化・省力化を目的として本システムを運用していくということだ。

 画像解析に用いられるのは現地のライブカメラ映像だ。そこから波の大きさや越波の有無を自動監視・検出し、効率的な情報把握を実現するとのこと。規模に応じてアラート通知し、監視業務の省力化も目指すという。(提供:乗りものニュース)