自動車ホイールは「アルミニウム」一択? その理由を熟考してみた

キーワード :
,
自動車情報サイトが行った「エアロ(空力パーツ)とホイールのどちらを先にカスタムするか」という2択アンケートに対し、約7割が「ホイール」と回答。ホイールのほうが「手軽に交換できる」という魅力が勝っているのだろう。

スチールホイールの強度

軽トラのタイヤとスチールホイール(画像:写真AC)
軽トラのタイヤとスチールホイール(画像:写真AC)

 一般的に、アルミホイールは優れた性能とデザインを提供する。しかし、カスタム志向のドライバーのなかには、あえてスチールホイールを選ぶ人もいる。では、スチールホイールの魅力とメリットとは一体何なのか。

 まず、スチールホイールの特徴はその優れた強度にある。トラックや商用車など、過酷な環境で使用される車両には高い強度が求められる。また、商用車は重い荷物を運ぶことが多く、悪路や不整地を走行する必要がある。スチールホイールの耐久性は、このような過酷な条件下でこそ輝くだ。

 2点目に、スチールホイールはアルミホイールに比べて製造コストが低いということだ。これは、予算内でカスタマイズを行いたいドライバーや、商用車を所有する事業者にとって魅力的である。コストを抑えつつ、信頼性の高いホイールを使用できるため、多くの場合、実用車両においてスチールホイールが選択されることが多い。

 しかし、スチールホイールの弱点は、アルミ素材のように加工が非常に難しいことだ。そのため、シンプルな形状のものしか作れない。ただ、その独特のデザインに魅力を感じる愛好家もいる。

 なかでも、クラシックカーやヴィンテージ車において、オリジナルの外観を保つためにスチールホイールが好まれる傾向がある。これらのクルマの雰囲気を高めるスチールホイールは、レストアビジネスにおいて重要な役割を担っている。

 もし、スチールホイールの独特のデザインを好まないのあれば、スチールホイールの上から取り付けるホイールカバー(ホイールキャップ)を使う方法もある。これを用いれば、独特なデザインを隠せるだけでなく、ハブ周りやホイールナットを隠して砂利や水の混入を防ぎ、さび止め効果も期待できる。

 スチールホイールは、一部のカスタム愛好家が個人カスタムの一環として採用している。シンプルなデザインと耐久性が、自分のクルマをカスタマイズする際にスチールホイールを選ぶ要因となっている。アルミホイールとは見た目が異なり、個性的なカスタマイズカーを作るのに適しているのだ。

全てのコメントを見る