電動キックボードのワイヤレス充電ポートを開発 シェアサービスの維持コスト大幅低減か

キーワード :
, , , ,
運用コストがだいぶ削減されそう。

LUUPの電動キックボードポートに?

ワイヤレス充電ポートとLUUPのシェアリング用電動キックボード(画像:古河電気工業)。
ワイヤレス充電ポートとLUUPのシェアリング用電動キックボード(画像:古河電気工業)。

 大林組と古河電気工業はこのほど、電動キックボードのワイヤレス充電ポートシステムを開発した。電動マイクロモビリティのシェアサービスを展開するLuupの協力を得たもので、2021年12月7日に発表した。

 電源ボックスからつながったシート型の送電装置にキックボードを駐機することで、自動的に充電が開始されるという。街なかにあるシェアリングポートへの設置を想定したものだ。

 大林組と古河電気工業は、「利用者の満足度が高いサービスを提供するためには、いつでも利用できる環境づくり、とりわけいかに手間をかけずに充電を管理するかが重要です。しかし、従来の充電池の大容量化や人の巡回による充電池の交換による対応においては、機体コストの高価格化や人件費の増加が課題でした」としている。

 Luupは現在、電動キックボードの返却時に、正規のポートへ駐機した様子をその場で撮影して送付してもらうという運用をしている。ここで充電まで可能になれば、巡回費用が大幅に削減できる可能性がある。

 このシステムは大林組の技術研究所にて、2022年3月まで実証実験を行い、2025年度の製品化に向けて検討を進めるという。