電動アシスト自転車の動力と充電にモバイル電池活用 ホンダが「2電源システム」開発

キーワード :
,
ホンダがモバイルバッテリーを活用した「シェアサイクル用2電源システム」を開発。自転車本体のバッテリーに加え、モバイルバッテリーを2つ目の電源として接続できるもの。2022年中に、シェアサイクル事業者と共同で実証実験が行われる。

シェアサイクル事業者の課題も解決

電動アシスト自転車(画像:ホンダ)。
電動アシスト自転車(画像:ホンダ)。

 ホンダは2021年10月21日(木)、モバイルバッテリーを活用した「シェアサイクル用2電源システム」を開発したと発表した。

 このシステムは、シェアリングサービス用の電動アシスト自転車に、ユーザーが普段から持ち歩くモバイルバッテリーをつなぐことで、車両本体のバッテリーに加えて二つ目の電源として、走行時のアシストと車両本体のバッテリー充電に使用できるもの。こうすることで、充電残量の少ない電動アシスト自転車でもシェアサイクルとして利用可能になる。

 ホンダは、充電不足で乗れないユーザーの不便や、事業者にとっての充電コストといった課題が解決できるとしている。2022年中にシェアサイクル事業者と共同で実証実験を行い、将来の事業化に向けた検討を進めるという。